2018年12月2日日曜日

【アトマレビュー】Thunder Head Creations Tauren BF RDTAレビュー

はい、どうも。

めっきり寒くなって、甘い系リキッドすってたんですけど、
やっぱりパーカーとかに甘い匂いがつくのでメンソに戻したおじさんです。

よく考えてくださいよ、
おっさんから甘い体臭したらいやでしょ。

なので、フロツンなき今はとろぺんぶーすとを2倍に希釈して吸ってます。
これでもメンソしゅごいし、おいしい。

今日は、提供いただいたものなんですが、
もう扱ってないんですよね。

書く意味あるのかなこれ…

まぁ、ショップの名前だけ出しておきます。

THC Tauren BF RDTAを、
Buybestさんから提供いただきました。



BF対応RDTAはGaiaRDTAを愛用していますが、
今回のTHC Tauren BF RDTAも対応しております。

漏れへの強さとか、扱いやすさはやっぱ新しいTaurenRDTAのほうが優れてます。
あと、ほかの方のレビューでは微妙な感じでしたが、
自分的には全然ありですねー。

O-AttyとO-Gennyのビルドしてる人だったらおいしく組めると思います。
おいしいビルドはその二つと同じように組めばOKです。

ではレビューいきまーす

簡易スペック

  • Size: 24x 38mm
  • Drip Tip: 810 PEI
  • Dual coils
  • Capacity: 2.0ml
  • Material: 304SS/ Brass/ Copper
  • -Simple& unique 45°Building Deck
  • -No leaking (also supports bottom feeding)
  • -All Aluminum package& 510 stand basement
こんな感じでデュアルの24mmです。

解説

パッケージと内容物は以下の感じ。


巾着の中にアルミの筒が入ってて、
そこにアトマが入っております。

パーツは巾着のなかだった気がする。


BFピンも付属。
アルミのケースはアトマスタンドにもなってます。

Hussarみたい。


アトマをばらすとこんな感じ。
タンク部分は簡単にばらせるので洗浄は楽。

ネジも太くて、コイルの固定もやりやすいです。
あとはパッキンがいい感じの固さです。

高級アトマとマスプロの差が結構でる箇所ですが、
TaurenRDTAに関しては高級アトマのようなパッキンの感覚。

固くもなく緩くもなく、いい感じ。



トップキャップ裏は漏れ対策のピンがあります。
ついでに供回り防止にもなるので好き。

ここら辺はO-Gennyっぽい。



デッキはこんな感じです。
ハチの巣構造のエアホールとO-Attyぽい配置になるポスト。
左右の穴からリキッドチャージして、トップキャップのピンでふさぎます。

作りは非常にきれい。
マスプロにしては高めなだけはあるつくりだと思います。


エアホールは斜めに入ってて、
ここもO-Atty意識感ある。


公式写真を拝借。
エアーがサイドから入って上に抜けるので、
なるべく真ん中にコイルを寄せるように自分は組んでます。

こうするとちゃんとおいしいぞ。



コイルはNi80の26Gを使って組みます。
何巻きかは忘れました。

足はあらかじめ切っておく必要があるのですが、
5ミリくらい残せばいいんじゃないかな。

割と適当でも平気です。


コイルを設置。
うん、ゆがんでいる。

コイル同士を近づけて、ある程度高めに設置してます。


同調するように調整して、コットンは穴をふさぐだけの長さでセット。




味とかまとめ

  • O-Atty、O-Gennyの感覚でビルドすると◎
  • 使い勝手はよい
  • 味もしっかり出る
  • 運用が楽でBFでなくてもストレスはない
  • 作りもきれい
こんな感じで、OdisだとかHussarだとかのいいとこを取り入れてる感じがします。
どれも好きなアトマですが、TaurenRDTAは入手何度も価格もこなれているので、
ガシガシ使えるし、これはこれでいいなぁというのが素直な感想。

作りもきれいですし、
自分は好きなアトマです。

あと意外とスカスカではなくて、ドローもある程度の重さがあるのでそこも◎。
 いいアトマだと思います。



0 コメント:

コメントを投稿