2018年10月28日日曜日

【スターターレビュー】Voopoo Vmate Kit with Uforce T1レビュー

はいどうも。

今日はデュアルバッテリーのModです。
DRAGでそこそこ知られているVoopooのkitです。


VMATE kitでーす
気になってはいた。

軽くていろいろなデザイン選べるので、
デュアルMod欲しいぜ!って人にはいいと思います。

簡易スペック


  • Output wattage: 5-200W
  • Battery: Dual 18650
  • Resting current: ≤20uA
  • Output voltage: 0V-7.5V
  • Resistance for power mode: 0.05ohm-3ohm
  • Resistance for TC mode: 0.05ohm-1.5ohm
  • Temperature Range: 100-315℃/200-600℉
  • Material: Zinc Alloy

  • Powered by dual 18650 batteries to fire up to 200W
  • Fan chip inside to ensure fast firing speed
  • Several colors for selection


Geneチップのアップグレード版のFanチップとやらが入ってます。
Geneに引き続き、遊びがない感じで電源切るときにジュッと通電します。

あとは自動でワッテージあわせるので、楽は楽。
邪魔といえば邪魔。

解説




何色が入ってるか全くわからない箱です。

マニュアル類


コイルは一個使っちゃったので、実際は2個入ってます。

0.4ohmのU2デュアルコイルと、
0.13ohmのN1シングルメッシュコイルがあります。

どっちもいい感じですが、
U2コイルのほうが好みかな。

VMATE200の解説


本体


思ったよりもテッカテカ。
これは本体の色がシルバーです。

本体の色が黒もあって、
サイドのパネルが8種類あるので、
組み合わせ的には16種類。

見た目の選択肢が多いのはいいこと。

裏側はロゴ。


こちらはパフボタン。



反対側は+‐ボタン。



底面はこんな感じ。


バッテリーは両サイドのパネルを外して入れます。
リボンもついてて外しやすい。

ベントホールもパネル型なのでなくても平気ということでしょう。


ディスプレイはこんな感じ。


若干GeekのModぽい見た目になってます。

  • 5クリックでオン/オフ
  • 3クリックでモード切替


それだけ覚えればよいです。

UFORCE T1の解説


バラバラ


構造はホント普通のクリアロです。
バブルタンクだと8ミリも入ります。



コイルもこれだけジュースホールが広いので、
リキチャの際はエアフロー閉じてなるべく高めの位置からリキチャしましょう。

リキチャ終わったらエアフロー閉じたまま通電せずに吸うとじゅるじゅるしにくい。
爆炎クリアロのお約束。

一応コイルにMinの位置も書いてます。
コイル自体縦に長いし、まぁこのくらいになっちゃうよね。

しゃあない。


まとめ

  • アトマは意外とおいしいうえに見た目好き
    • コイル追加しようかなと思うくらい
  • Mod自体は軽くてGeneチップなので使いやすい
  • ファイアボタンの位置は人によって微妙かも?
  • パネルの選択肢も豊富でデザイン豊富
  • パネルはプラスチッキーなので高級感はあまりない
こんな感じで、デザイン好きなら持っててもいいかなと思う出来です。
使いやすいし、僕は好きです。

軽いデュアルってだけでも評価は高い。
そして510がセンターにあるので、アトマによってはすごく映える。




0 コメント:

コメントを投稿