2018年9月22日土曜日

【Podレビュー】Joyetech eGo AIO Mansion レビュー

はい、どうも。

今日は結構気になってる人も多いかもしれないもののレビューです。
自分も気になってたんだけど、なんか来たのでレビューします。

eGo AIO Mansionでーす





色がね、完全におっさんが使う色じゃないのがつらい。
でも物自体は気に入ってまして、
Podタイプと自称してるものの中では一番好きかもしれない。

まぁ味はAIOですからね、
十分おいしいというかPodのくくりの中ではかなりいい方かと。

簡易スペック

Parameters

  • Size: 17.5*33.0*103.0mm
  • Battery capacity: 1300mAh
  • E-liquid capacity: 2.0ml
  • Atomizer head: BF SS316 0.6ohm head
  • Airflow: control-able top airflow
  • Vape way: direct inhale/hold button to inhale
  • Mode: direct output

Joyetech eGo AIO Mansion Kit comes with

  • 1 * eGo AIO Mansion
  • 2 * BF SS316 0.6ohm head
  • 1 * USB cable
  • 1 * Manual
  • 1 * Warranty card
  • 1 * Warning card
  • Spare parts

こんな感じでAIOのコイルを使いつつ、
オートスイッチ/パフボタンに対応したモデルです。

オートスイッチで吸えるAIOって結構よくないですか?
僕は好きです。

解説


箱。
サンプル版です。

ピンク自体もあわーい感じでかわいい。
でも私はおじさんだ。


内容物はいつものAIOシリーズ。
BF SS316も息が長いよね。


本体。
ちょっと暗くなっちゃったけど、本体はさらさらとした
仕上げで持ってて気持ちいいです。

女子力高め。


でも結構でかい。
となりはみんな大好きAstar


横には残量確認用の窓とチャージポート。

パフボタン。
操作はいつものAIOです。

ここ押しても吸えるんですけど、
割と位置が悪くて手がつかれます。

オートスイッチで吸ったほうが楽だとは思う。


構造自体はこんな感じになってます。



キャップは正直きちんと締まらないです。
すぐとれちゃう。

こういうところ大事だゾ。


マウスピースの裏がちょっと変わってまして、
こんな感じになってます。

そう、iCareみたいなアレ。


アトマイザーベースの切り欠きに合わせて締めてあげるやつ。


アトマイザーベースにはAFCもついてます。
AIOのAFCわかりにくいからこっちのほうが好き。

Podと自称してる中でAFC付きはそうそうないかと思うので、
ここはメリットだと思います。

まぁ大体AIOですけど。


リキッドはシリコンの栓をしてあるところから入れます。
まぁユニコーンなら問題なくチャージ可能でしょう。

スポイトも行けると思います。

ここまで見て分かったかと思いますが、
AIO+iCareという感じの商品です。

でもコイルはAIO。
なので結構煙もでておいしい。

すごくいい観点だと思うんですよね。
僕はこういうの大好き。

味とか

まぁAIOのコイルなんで、AIOです。
オートスイッチだとちょっとじゅるじゅるしやすいかなー。

たまにパフボタン押して吸ってやれば解消できます。

ほかのPodタイプよりも味は当然上です。
MTLマンはMinifitのほうがいいかもだけど。

まとめ

  • 自称Podの進化系AIO
  • 使い勝手は非常にいい
  • 女子力高め
  • Podの利点の掃除の楽さはない
  • サブ機にはオススメ!

こんな感じで非常に気に入りました。
いいよこれ。

でもPodなの…か…?




0 コメント:

コメントを投稿