2017年6月3日土曜日

【アトマレビュー】Nicolas MTL Sub Ohm Tank by Vapefly

はい、どうも。

最近ホントクソ暑いですね。



クロップドパンツとやらを買ったんですが、

すごく楽でいいです。



多分今年はスキニージーンズやめてクロップドパンツばかり履くと思います。



今日は、クリアロのレビューです。



半年前ほどにコンタクトいただいていたんですが、

見落としてました、なんなすみません!



提供はHevens Giftsさんです。



Thank you Hevens Gifts!!



Vapeflyはぱっと調べたところ、今のところクリアロしか出してないのかな?

クリアロだけだとどうしてもチェックしないので初耳でした。



ということでレビューです。



簡易スペック




  • 22ミリ径

  • リキッド容量3ミリ

  • 高さ46ミリ

  • 0.6Ωコイルと1.8Ωコイルの2種類

  • 510ドリチ




こんな感じですかね、

すごくシンプルなアトマイザーです。



見た目もシンプル。



箱とか



f:id:samoaki0919:20170603195301j:plain



こんな感じ。

化粧箱スタイルです。



f:id:samoaki0919:20170603195331j:plain



内容物はこんな感じ。



本体、マニュアル、スペアタンク、Oリング、1.8Ωコイル。



0.6Ωコイルがデフォでついてます。



解説とか



構造については、HevensGiftsのサイトから写真持ってきました。

綺麗な写真のほうが見やすいからね。



決して、手抜きではありません。

違います。



f:id:samoaki0919:20170603195750j:plain



はい、こんな感じでばらせます。



構造としてもとてもシンプル。



スレッド自体も良く切れてて、引っ掛かりとかは感じません。



f:id:samoaki0919:20170603200000j:plain



このアトマの特徴というか、他と違うところはすっごくドローが重い。



全開でもこれです。

重さ的にはKayfun5の3番目よりもドロー重いかな。



自分は全開じゃないとしんどいです。



f:id:samoaki0919:20170603200129j:plain



絞るとこんな感じに。



葉っぱ詰めすぎて、きちんと燃えないレベルの手巻きくらいドローが重い。

紙巻とかよりもドロー重いです。



ドロー重いのが好きな人はかなりいいと思います。



f:id:samoaki0919:20170603200247j:plain



コイル交換方法。



一応リキッド残ったままコイル交換できます。

コイル自体はOリングで固定するタイプなので、

画像のようにピンセットで引き抜きましょう。



味とか



コイルごとの推奨ワット数は下記




  • 0.6Ωコイル:18~25W

  • 1.8Ωコイル:9~13W




とりあえずデフォでついてる、0.6Ωコイルでお試し。
リキッドはフロツンを二倍に希釈したもの。
































ワット数感想
18W 普通
20W 普通
22W おいしい、きちんと甘みも感じる
24W 味的には一番おいしいが、ミストが熱い
26W ミスト熱い、味はあまり



ということで、22Wくらいが一番おいしい感じですね。



ドロー重いけど、まぁぎりぎりDLできなくもないレベルです。

絞りたい人は1.8Ωコイルでいいと思います。



というか0.6Ωは全開にする人専用な気もする。



最近のクリアロはおいしいっすなぁ。

手軽さとおいしさを兼ね備えられるとね、ものぐさな自分としてはちょっと困ります。



アトマ自体もシンプルで、つくりもきれいですし、

ドロー重めのクリアロが欲しい人にはかなりお勧めです。



最近はクリアロもドロー軽めが多いので、たばこからの移行にはこのアトマが一番しっくりくるんじゃないかな。



商品ページ



いつも思うけど、なんでコイルも一緒に仕入れないんだろうか…



f:id:samoaki0919:20170603201502j:plain



ぽちってもいいのよ



にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村



0 コメント:

コメントを投稿