2017年5月13日土曜日

【アトマレビュー】AZEROTH RTA CoilART

はい、どうも



もうみんな見飽きたあれです。



今日はAZEROTH RTAです。



提供はCoilARTさんです。

ありがとうございます。



今回はいつものカッティングマットから、ビルドマットに変更したので写真の感じが変わってます。

え?撮影機器そろえろ?



いやー、俺あいぽんなんでどうでもいいでしょー。



ということで、いつもの進行でレビューです。



簡易スペック




  • 24mm

  • 4.5m

  • 3方向吸気のボトムエアフロー

  • ベロシティとトリプルコイルデッキの付け替え可能




こんな感じでーす。

ぶっちゃけベロシティは普通、なので今回はトリプルデッキで。



箱とか内容物



f:id:samoaki0919:20170513215501j:plain



箱。



CoilARTの箱は無駄にでかくなくていい。



f:id:samoaki0919:20170513215522j:plain



内容物はこんな感じ。



説明すべきなのは、トップキャップ兼ドリチとデッキが選択できますくらいかね。



f:id:samoaki0919:20170513215554j:plain



デュアルは抵抗値が1/2でトリプルは1/3だぞという説明書き。



まぁ説明しないよりはいい。



簡単な解説



f:id:samoaki0919:20170513215644j:plain



背景がうるさいなマジでw



左から




  • トップキャップ2種

  • チャンバー

  • タンク

  • デッキ

  • 510部分




f:id:samoaki0919:20170513215813j:plain



トップキャップ兼ドリチは、デルリン製とSS製の二種。



デルリンのほうが内径狭くて、510ドリチがはまります。



SSのほうは微妙にテーパーかかってます。

そしてクソ重い。



自分はデルリンのほう使ってます。



f:id:samoaki0919:20170513215918j:plain



チャンバーも微妙にテーパーがかかってます。



塗装もきれいというか、メーカー名を押し出してこない感じ。

エングレービングしてるのに塗りがきれいでほぼ見えません。



f:id:samoaki0919:20170513220005j:plain



デッキ。



左は大体Troll RTAと同じようなもん。

ウィックのガイドがついてて、かつ少し浮いてるので漏れにくいです。



割とふつう。



右の気持ち悪い形のが、トリプルコイル用のデッキです。



f:id:samoaki0919:20170513220134j:plain



ポジピンはデッキからにょきっと生えてます。



こういうRBAとかデッキ変えられる径は大体ポジピンと別パーツなんですが、

これは一体型。



体感できるかはわからないですが、接点増えることによる、抵抗は抑えられるんじゃないでしょうか。



そして思いっきりポジピン出ています。

写真は撮り忘れたのでありません。



f:id:samoaki0919:20170513220312j:plain



デッキの受け側ね。



デッキはスレッドで固定なので、こっちにもスレッドが。



まぁ特に語ることはないです。



f:id:samoaki0919:20170513220356j:plain



トリプルコイルのデッキの解説。



ここがエアホールで



f:id:samoaki0919:20170513220434j:plain



ここがワイヤーホールです。



ワイヤーはまぁトリプルなんでゴリゴリの太いワイヤーは通さないし、

この径で問題ないでしょう。



ビルドする



狙いとしては0.9Ω/3で0.3Ωくらい。

26ゲージ3φで8巻くらいで組みます。



f:id:samoaki0919:20170513220621j:plain



コイルの足は先に切るタイプです。



適当に切ってあげましょう。



f:id:samoaki0919:20170513220655j:plain



とりあえずセットするとこんな感じ。



抵抗も0.32Ωだしほぼ狙い通り。



f:id:samoaki0919:20170513220725j:plain



斜めから。



あんまりコイルの足長すぎると、チャンバーと接触するんでそこは気を付けましょう。



f:id:samoaki0919:20170513220801j:plain



焼き入れして



f:id:samoaki0919:20170513220816j:plain



ここにウィックの足が入るようにします。

二本分の足を入れるには少し狭いので、結構梳きます。



今回は梳くのでクレドポーを使います。



最近のクレドポーは割と微妙ですが、

こういう用途には割と向いています。



何事も使い分け使い分け。



f:id:samoaki0919:20170513220947j:plain



こんな感じで通して



f:id:samoaki0919:20170513221003j:plain



このくらいでカット。



f:id:samoaki0919:20170513221017j:plain



二本のコットンを一本にするイメージで梳きます。



f:id:samoaki0919:20170513221042j:plain



で、あとは入れるだけ。



多分漏れには強い構造なんで、よっぽど少なくない限り漏れはしないでしょう。

ただ、パツパツだと供給追いつかないかもしれないのでそこは注意。



吸ってみる



0.3Ωくらいなので、とりあえず30Wくらいで吸ってみます。



ワイヤーが細めなので立ち上がりは早くて、

味は結構濃いめ。



燃費は気にしてはいけない。



ただ思ったより煙は多くないですね。

自分はトリプルのほうが好みというか、

それ以外特に個性がないというか。



ベロシティで組むくらいならほかでもいいよね感はあります。



トリプルはおいしいのでお勧め。



前に組んだGUSのヘスティアよりかは全然組みやすいです。



f:id:samoaki0919:20170513221416j:plain



あえてCoilARTで固めてみる



www.coilart.net



ぽちってもいいのよ



にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村



0 コメント:

コメントを投稿